RTAイベント用の配信レイアウトの作り方

RTAイベントは毎週のように世界中で行われており、日本も例外ではありません。

多くのRTAイベントはオンラインイベントで、かつオンラインイベントには配信レイアウトを作る必要があります。
配信レイアウトの作り方のノウハウについてあまり共有されてこなかったので、私もそこまで詳しくないですがここでまとめておきます。

ゲームの映し方

イベントでは配信PC側でエンコードソフトにRTA配信を取り込んでそれを流す必要がありますが、取り込み方についてはWebブラウザを複数起動させて1つ1つを直接キャプチャするという方法があります。これが一番直感的に分かりやすいでしょう。

ただ、複数ブラウザ使用はPCのスペックもいりますし、何より単純に作業が大変です。
今回のやり方では、エンコードソフト(OBS Studio)内だけで取り込みを完結させる方法について書いておきます。

ソースからブラウザを使用

OBSのソース(ブラウザ)

OBS Studioのソースには”ブラウザ”というものがあります。
これはOBS Studio内でWebブラウザを立ち上げて表示することができる機能のことで、要はここに配信上に映したいRTA配信のURLを入れればそれだけでエンコード上に配信を取り込むことができます。

Twitchでのやり方

Twitch取り込み

Twitchは動画プレイヤーの歯車ボタンを押してポップアウトを選ぶと自動的に配信画面のみを切り取ってくれます。
ポップアウトのURLを入れ、サイズをアスペクト比16:9のものにすることで自動で画面サイズを合わせてくれます。

Mixerでのやり方

Mixer取り込み

Mixerは埋め込みコードからURLを取得し、それをOBS Studioに入れてやることで配信画面を取り込むことができます。
OBS Studio内の縦横サイズだけでなく、width(横)とheight(縦)の数字もURL内に直接入力する必要があります。

ニコニコ生放送でのやり方

ニコニコ生放送のやり方が一番複雑です。

ニコ生取り込み

TwitchやMixerと基本的に同じですが、後々面倒なのでサイズを”1920×1080”にしてください。

ログイン画面

自分でない配信画面をサンプルとしているため画面は黒枠で伏せましたが、ニコニコ生放送は現在視聴にログインが必須となっているためこのように配信が視聴できません。

OBS Studioに映しているブラウザを操作してログインすればいいので、ソースにある”ブラウザ”を右クリック、もしくはプレビュー画面のブラウザに照準を合わせて右クリックし、”対話”を選択してください。これでブラウザを操作してニコニコ動画にログインすることができます。

ログインさえすれば配信画面を映すことができるので、あとはそれを取り込みましょう。

なお、TwitchやMixerと違ってニコニコ生放送は配信画面だけを映すということができないので、ブラウザを右クリックして”フィルタ”から”クロップ / パッド”を追加する、またはプレビュー画面でブラウザに照準を合わせ、赤枠が表示される状態になったところでALTキーを押し、あとはALTキーを押したまま赤枠の丸部分をドラッグ&ドロップすれば特定範囲だけを取り込めるのでそれでゲーム画面だけを映すように調整してください。

配信レイアウト

海外のRTAイベントなどは特にそうですが、配信レイアウトもかなり凝ったものを作っている場合が多いです。

配信レイアウトは本当に凝ったものを作るのならデザイナーに頼みたいですが、運営陣にデザイナーを抱えているようなイベントは少ないのでなかなか難しいのが現状でしょう。

上記が私が適当に作ってみたものですが、配信画面を載せる際に目印で分かりやすく枠で表示しておく(上記画像だと640×360が配信画面枠です)、テキスト枠やRTAの特に駅伝形式だとExcel表を載せていることがありますが、そういうものを映すための目印もあらかじめ付けておいたほうがいいです。

背景については私は”STARWALKER STUDIO”で買ったものを使っていますが、著作権フリーの素材集を使えばそれっぽくかっこいい背景にできます。

OBS Studioに取り込むには、ソースの”画像”から取り込みたい背景画像を選択するだけです。

エンコード設定

エンコード設定について、解像度は”1280×720”を基本とし、スペックや配信するWebサイトの仕様によっては”1920×1080”というのを基本に考えていきます。

高画質だとPCのスペックに不安を感じるかもしれませんが、CPU使用のプリセットを変えるだけで幾分負荷は緩和されます。

CPU使用のプリセットについては、かつてニコニコ生放送が640×360でしか配信できなかった時代の設定が未だにネット上に転がっていますが、RTAイベントはただでさえ他の配信者の配信画面を映すことにCPUスペックを取られる上、ましてや720pや1080p配信においてはCPU使用のプリセットをmediumやslowにするというのは高スペックPCでないと難しいです。

かつでmediumやslowが推奨されたのはニコニコ生放送が640×360という低解像度しか映せなかった時代の名残で、これは解像度が低かったからこそ実現できたもので高画質配信に適用するには相当なハイスペックPCが要求されます。
もちろん高画質配信でもCPU使用のプリセットの負荷を高めにして画質をより綺麗にできたほうがいいのですが、そこまでできる高スペックPCをお持ちの方はそれほど多くないでしょう。

CPU使用のプリセットはveryfastやfasterを中心にテストしてみて動くならそれでOK、重いようならsuperfastにしてみる、またはエンコーダをx264からQuickSync H.264などに変えてみるといったことを試してみましょう。

最近の配信サイトは昔と比べて格段に高ビットレートで配信を流すことができるようになっており、かつ配信と同時に低回線者向けへの低ビットレート配信もサイト側でエンコードしてくれるので、とりあえず最高のビットレートで流せば問題なくなっています。

スタジオモードについて

OBSスタジオモード

スタジオモードは、OBS Studioにのみ付いている機能で、イベント向けの機能です。

上記がスタジオモードを適用させたOBS Studioのプレビュー画面ですが、実際に配信画面に映っているのは右画面で、左画面では次に配信画面に映す画面を配信をしながら編集することができます。

特に駅伝形式のイベントだと走者入れ替えの際に時間がかかってしまうことがありますが、スタジオモードを使えば走者が入れ替わりそうなタイミングで左の画面領域を使ってあらかじめ準備しておき、走者が変わった瞬間に画面のほうも切り替えて瞬時に入れ替えることが可能になります。

真ん中の”トランジション”ボタンを押すと画面が入れ替わります。これは実際に自分の環境でテストしてみるほうが分かりやすいでしょう。

まとめ

長々とした文章になってしまいましたが、RTAイベントの配信レイアウトを作るために必要なことは以上です。

とりあえずゲームを映す方法さえ分かればそれだけで配信レイアウトとしては完成するのでこれら全てを実践している人は少ないかもしれませんが、OBS Studioだけで配信画面を映す方法についてはすぐにでも実践可能だと思うので、良かったら試してみてください。

SGDQ 2018の日本語解説、及びリストリーム担当を募集します

先日にRPGのみを選出して行われるチャリティRTAイベント『RPG Limit Break』があったばかりですが、来月には世界最大規模のチャリティRTAイベント『Summer Games Done Quick(SGDQ)』が始まります。

SGDQは毎回年号をナンバリングとして付けているため、今年行われるものは『Summer Games Done Quick 2018(SGDQ2018)』になります。

このSGDQ2018ですが、日本語リストリームを行う許可をGDQからいただけたため、日本語リストリームのための日本語解説、及び日本語リストリーム担当者(配信担当役)を募集します。

イベントスケジュール

SGDQ2018 Schedule(オリジナル版で英語)
SGDQ2018(時差を日本時間にして日本語表記にしたもの)

募集内容

募集する協力者について、やっていただくお仕事は大まかに分けて3つです。

ちなみにどのお仕事でもDiscordへのログインが必須となっているので、Discord IDがない方はこれを機に導入しましょう。

進行、案内

こちらはイベントの進行(配信タイトルなどの変更等)とイベントの案内(イベントについて視聴者から質問があったら答える等)をするお仕事です。

解説の方が付くゲームの場合は必須ではありませんが、案内役などは口で説明するのが一番なので基本的にマイクが使える方をお願いしています。

配信タイトルなどの変更は配信用の高スペックPCを進行、案内役の人が遠隔操作して行いますが、4,5分説明すれば分かっていただけるくらいの簡単な操作で管理できるのでPCが使える方なら誰でも行えます。

遠隔操作については今までの日本語リストリームではGoogle Chromeのプラグインを利用して行っていましたが、今回も同じやり方にするかどうかは未定です。
他のツールを使う、または今まで同じで行くかは今のところ未定としていますが、誰でも簡単に行えるものという基準で考えています。

ゲーム解説

こちらは言葉の意味そのままで、ゲームの解説役になります。

自分でRTAを行ったことがあるゲームだけしか解説できないというわけではなく、こちらも基準は緩めで通常プレイしたことがあるだけのものでもOK、さらに通常プレイすらしたことないけどRTA動画を視聴したことがある程度の見識でもOKです。

ゲーム解説は常に不足していますので、当日までに頑張って調べるから参加しよう!というくらいで全く問題ありません。

コメント欄管理

こちらはTwitchチャットの管理です。

GDQはワールドワイドなイベントなだけあって荒らしもワールドワイドにやってくるため、それらを対応するお仕事です。

荒らし管理は私達運営陣もやりますし手が空いていたら進行、案内役でも行えるものなので、負担は一番少ないお仕事となります。

応募フォーム

SGDQ2018日本語配信募集要項

応募は上記リンク先から行えます。

応募締切は6/20(木)までとなっています。解説が被るなどで調整することはありますが基本的に合否などはなく応募した人は全員が通るものですので気軽に応募してみてください。

speedrun.comに登録されていないゲームの応募方法

speedrun.com』は世界最大のRTA記録集サイトですが、英語圏で使われるのがメインのためか日本にしかRTAプレイヤーが存在しないゲームなどはサイトに登録しようと思ってもそのゲームのページがサイト内に存在していないことも多いです。

英語でのやり取りにはなるのですが、speedrun.comにページが存在しないゲームについてリクエストを飛ばしてページを新規に作ってもらうことができ、やり方は結構簡単です。

私もつい最近『本将棋 内藤九段将棋秘伝』という日本以外プレイヤーが存在しないゲームでリクエストを飛ばしてみたら承認されましたので、その時の内容を振り返りながら備忘録としてspeedrun.comに登録されていないゲームのページを作ってもらう方法をまとめておきます。

Request a new game

まずはゲームのリクエストからです。
speedrun.comの全ゲームの一覧は『Games – speedrun.com』から見れますが、そこの右辺りにある”Request a new game”のボタンをクリックすることで新規ゲームリクエストページに飛びます。

ゲームリクエストページにはいきなり英語の長文が書いてあってたじろいてしまいますが、既に存在しているゲームはリクエストするなといったような注意書きが書かれているだけです。Google翻訳にかけると全て綺麗に日本語に訳してくれるので英語が苦手な方は翻訳ツールに頼ってみてください。

ページの下の方にあるのがゲームリクエストのフォームです。項目順に解説していきます。

Request type

まずは応募するゲームのタイプです。ゲームタイトルだけの場合は”Single game”を選びましょう。
マリオシリーズのように、ゲームの単独タイトルではなくシリーズで応募する場合は”Game series”を選びますが、こちらを選ぶことはおそらく少ないでしょう。

Please provide a link to an external page describing this game/series…

応募するゲームについての詳細ページのURLをここに記載します。
記載するURLはWikipediaやSteamのページなどが推奨されています。

私は将棋のゲームで応募しましたが、英語ページが存在しなかったので日本語のWikipediaのURLを記載しましたがそれでも承認されました。

Please provide a link to a video of your run here

応募ゲームの詳細ビデオのURLを記載します。

このURLはRTAの一部のみの動画はダメで、例えばニコニコ動画でPart分けしているもののPart1だけをURLとして提出するのはあまり良くなく、もしかするとそれだと承認されないかもしれません。

Game name

ゲームの名前をアルファベットで記載します。

日本のゲームで正確なアルファベットが分からない時などは、Twitchに登録されている名前で判断するといいでしょう。

例えば、『本将棋 内藤九段将棋秘伝』はTwitchでは『Honshogi: Naitou Kudan Shogi Hiden』で登録されていたので、私はそのアルファベットをそのままコピペして申請しました。

Release date

ゲームの発売日を記載します。

ゲームの発売日は、一番最初にリリースされた日を記載します。日本語版や北米版で発売日が異なっていることもありますが、最も早い発売日を記載します。

Additional notes

最後に、ゲームの審査を受け付けるモデレーター向けに簡単なメモをここで残すことができます。

私の場合だと、まず将棋という日本語圏以外ではあまり知られていないゲームでの申請だったため将棋は日本の伝統的なテーブルゲームで有名なこと、さらに将棋の駒の動かし方などが書いてある英語の解説ページを添えて応募しました。

まとめ

ここまで書き終えて応募ボタンを押したら応募完了です。
リクエストしたゲームはspeedrun.comのモデレーターが手動で確認するため、合否の判定まで大体1~2週間は待つ必要があります。

応募が無事に通ったら専用ページができ、自分がそのページのモデレーターになっているはずです。
あとは自分の記録を自分で申請し、ゲームのルール(ストップウォッチのタイミングや禁止事項などを書く)を作ればページの完成です。

全て英語によるやり取りなので敷居が高く感じるかもしれませんが、個別に英語で意思疎通をしなければならない場面はないため割と気軽に行うことができます。
speedrun.comに自分のプレイしているゲームがなくて不便だと感じたら、是非皆さんも気軽にゲームのリクエストをしてみてください。

RPG Limit Break 2018の日本語リストリーム配信協力者を募集します

去年も行ったRPG Limit Breakの日本語リストリーム配信ですが、主催の方に確認を取ってOKが取れたので今年も行うことにしました。

リストリーム配信は”Twitch (japanese_restream)”で行います。GDQの日本語リストリームでも使っているチャンネルです。

RPG Limit Breakとは

RPG Limit Break(RPGLB)』はアメリカで開かれるオフラインのRTAチャリティイベントです。

イベントの特徴として、RTAでプレイされるゲームは全てRPGというものがあります。

RPGのみを集めたRTAイベントでは世界最大規模のイベントとなっており、ピーク時では視聴者数も1万人を超えるほどのイベントとなっています。チャリティイベントなので寄付金も募り、寄付金は全てNAMIという精神疾患の方に対する支援を行っている慈善団体に寄付されます。

イベントスケジュール

イベントスケジュールは以下の通りとなっています。

おそらく時差もJSTに直している日本語版のほうが見やすいでしょう。

募集内容

協力者を募集しますが、やっていただくお仕事は以下の3種類です。

進行・案内

まずは実際の配信の進行・案内役です。

日本語リストリームでは複数の人がそれぞれのPCを使って各々に配信を行うのではなく、1つのPCに遠隔でそれぞれがログインして配信を管理します。

進行・案内役は、その遠隔PCを管理する仕事です。
遠隔操作と言っても特に難しい操作や知識は要求せず、Google Chromeさえ使えれば問題のない簡単なものです。チャットに来る質問や簡単なゲーム内容については答える必要があるので、マイクがあるほうがいいでしょう。
ゲーム名の切り替えなどの操作はありますが、マウスでクリックしていくだけで簡単に行えるようにしてあるので誰でも行えます。

GDQの時もそうでしたが、平日昼間の時間帯は特に人が集まりにくいことが予想されるので、是非我こそはという方は申し込んでいただけると嬉しいです。

ゲーム解説

こちらはそのまま、ゲームの解説です。

ゲームの解説については、そもそも日本でRTAを行っている人が誰もいないようなタイトルがあるのでRTA経験は不問です。通常プレイをしたことがある程度の知識で全く問題なく、ゲームによっては通常プレイもしたことがないけど事前に予習をして調べておくから参加したいというものでも大丈夫です。
こちらはとにかく何もないよりは誰かが喋ったほうがいいだろうということで基準は相当緩めで、過去の配信ではイベントが始まってから解説担当が決まるということすらあったくらいです。

なお、全ての応募が載っているので探すのが面倒ではあるのですが、応募時の参考RTAビデオは全て『RPG Limit Break 2018 – Schedule Posted (Runners check incentives in 1st post)』にて載っています。こちらを参考にこれなら自分で解説できそうというゲームを是非申し込んでみてください。

コメント欄管理

こちらはTwitchチャットのコメント欄の管理です。
日本語リストリームチャンネルは大抵の時間は平和なチャット欄なのですが、たまに荒らしが来たりするのでその対策のためのコメント欄管理です。

Twitchチャットの管理はとても簡単で、マウス操作だけでBANもタイムアウト(一定の時間だけ書き込めなくする)も簡単に行えます。こちらも募集しているので是非お申込みください。

応募フォーム

応募フォームは『RPGLB2018日本語配信募集要項』となります。

応募の締切は”2018/05/11”までです。
せっかくアメリカの大きなイベントを日本語で伝えるチャンスですので、時間と興味がある方は是非とも申し込んでみてください。

YeteeのTシャツの買い方

ちょうど今開催されているAGDQなど、海外のRTAチャリティイベントではTシャツ屋さんのYeteeがスポンサーになっていることがあります。YeteeでTシャツを買うと買った額から一部が寄付金に回されます。

Yetee自体は日本からの購入も受け付けているのですが、サイト自体が全て英語なので購入をためらう方もいるかもしれません。
購入してみると意外と簡単なので、簡単な購入方法の解説を載せておきます。

AGDQ2018のTシャツ

Yetee(AGDQ2018)

今はAGDQ2018が開催されているので上記より解説します。
様々なTシャツがありますが、今回はツインビーのTシャツを買ってみます。

買い方はTシャツの画像をクリックするだけで良く非常に簡単なのですが、1つ注意点があります。
サイズが色々と書かれていますがこれらは俗に言うアメリカサイズのため、普通に自分の普段のサイズを買うと非常に大きなサイズのTシャツが届きます。

普段Lサイズを着ているのなら、ここではMサイズを購入するとちょうどいいサイズのもの(それでもちょっと大きく感じるくらい)が届きます。

Yeteeでの名前や住所などの書き方

Emailのところに自分のメールアドレスを書き、下のチェック欄はYeteeからのニュースを伝えるメールが欲しいかどうかというチェックです。

Shipping addressとなっているところが送るための情報を乗せる欄で、Companyは任意の項目なので不要です。
項目フォームの簡単な日本語を載せておきます。

Last Name = 名前
First Name = 名字
Postal code = 郵便番号
Country = 国
Prefecture = 都道府県
City = 市など
Address = 市以下の情報(町の名前や番地など)
Phone = 電話番号

ちなみに、郵便番号を入れると自動で住所がローマ字で入るシステムとなっていました。
また、電話番号については日本で例えば090-0000-0000という電話番号なら、「+81 90-0000-0000」と記入するのが正しいです。+81が日本の国番号なのと、英語では電話番号の最初の0を省略するのでそこに注意です。

最後の支払い方法について、PayPalとAmazon Pay、さらにクレジットカードで購入することができます。クレジットカードについては日本でよく使われるものだとVISAとアメリカンエクスプレスのみで、JCBなどには対応していないみたいでした。

最後の購入画面が上記のような感じでこれでボタンを押せば購入完了です。
購入が終わると自動的にトップページに戻され、登録したメールアドレスに注文のメールが飛んできています。

2018/01/13の為替レートだと、17.50ドルに為替手数料で2,014円となっていました。このうち4ドル(440円くらい)は寄付なので実質1600円での購入ですね。

実際のTシャツ

別のチャリティイベントで買ったものですが、このようなTシャツが非常に簡単な包装(ビニール袋に入れたようなもの)で届きます。
ちなみに全て半袖なので、冬に着るにはあまり向いていません。耐久性はそこそこあって何度洗濯しても大丈夫なので夏着るようにしましょう。

Top