YeteeのTシャツの買い方

ちょうど今開催されているAGDQなど、海外のRTAチャリティイベントではTシャツ屋さんのYeteeがスポンサーになっていることがあります。YeteeでTシャツを買うと買った額から一部が寄付金に回されます。

Yetee自体は日本からの購入も受け付けているのですが、サイト自体が全て英語なので購入をためらう方もいるかもしれません。
購入してみると意外と簡単なので、簡単な購入方法の解説を載せておきます。

AGDQ2018のTシャツ

Yetee(AGDQ2018)

今はAGDQ2018が開催されているので上記より解説します。
様々なTシャツがありますが、今回はツインビーのTシャツを買ってみます。

買い方はTシャツの画像をクリックするだけで良く非常に簡単なのですが、1つ注意点があります。
サイズが色々と書かれていますがこれらは俗に言うアメリカサイズのため、普通に自分の普段のサイズを買うと非常に大きなサイズのTシャツが届きます。

普段Lサイズを着ているのなら、ここではMサイズを購入するとちょうどいいサイズのもの(それでもちょっと大きく感じるくらい)が届きます。

Yeteeでの名前や住所などの書き方

Emailのところに自分のメールアドレスを書き、下のチェック欄はYeteeからのニュースを伝えるメールが欲しいかどうかというチェックです。

Shipping addressとなっているところが送るための情報を乗せる欄で、Companyは任意の項目なので不要です。
項目フォームの簡単な日本語を載せておきます。

Last Name = 名前
First Name = 名字
Postal code = 郵便番号
Country = 国
Prefecture = 都道府県
City = 市など
Address = 市以下の情報(町の名前や番地など)
Phone = 電話番号

ちなみに、郵便番号を入れると自動で住所がローマ字で入るシステムとなっていました。
また、電話番号については日本で例えば090-0000-0000という電話番号なら、「+81 90-0000-0000」と記入するのが正しいです。+81が日本の国番号なのと、英語では電話番号の最初の0を省略するのでそこに注意です。

最後の支払い方法について、PayPalとAmazon Pay、さらにクレジットカードで購入することができます。クレジットカードについては日本でよく使われるものだとVISAとアメリカンエクスプレスのみで、JCBなどには対応していないみたいでした。

最後の購入画面が上記のような感じでこれでボタンを押せば購入完了です。
購入が終わると自動的にトップページに戻され、登録したメールアドレスに注文のメールが飛んできています。

2018/01/13の為替レートだと、17.50ドルに為替手数料で2,014円となっていました。このうち4ドル(440円くらい)は寄付なので実質1600円での購入ですね。

実際のTシャツ

別のチャリティイベントで買ったものですが、このようなTシャツが非常に簡単な包装(ビニール袋に入れたようなもの)で届きます。
ちなみに全て半袖なので、冬に着るにはあまり向いていません。耐久性はそこそこあって何度洗濯しても大丈夫なので夏着るようにしましょう。

speedrun.comのモデレーター権限まとめ

speedrun.com』に掲載されている記録は全てそのゲームのモデレーターが承認したものとなっています。

このモデレーターについて、日本人モデレーターはまだ少なくモデレーターの権限で一体何ができるのかといったことについては日本語情報が出回っていません。

モデレーターの役目について知りたいとの声もあったため、ここに文章として残しておきます。

モデレーターの種類

モデレーターにも種類があり、”Super”と”Regular”と”Verifier”に分けられています。

説明が面倒なので英語の説明も一緒にキャプチャして上記画像としましたが、Verifierでは記録の認証しかできない反面Superではリーダーボードから特定のプレイヤーを消すと言ったこともできる非常に強い権限となっています。

モデレーターができること

私はSuperの権限しか持っていないためその他の権限でできることについては詳しくありませんが、Superでできることはこんな感じです。

具体的には、speedrun.comを閲覧した時の左のタブに上記のように”Edit game”と”Edit theme”が増えます。

Edit themeについて

ここではページのデザインを決めることができます。

背景画像や各種ヘッダーやフッターの色指定など、さらにはspeedrun.comのロゴを自作して貼り付けたりファビコンを作成したりとかなりの自由が許されています。

ざっと見ましたが、opacityやbackground-positionと言ったものまでいじれるので、多少のCSSの知識があったほうがいじりやすいでしょう。

Edit gameについて

こちらがモデレーターの仕事としてはメインです。
ゲーム名やゲームの発売日やゲームの機種と言った基本的な情報から、タイムをミリ秒まで含めるか、ゲーム内時間も含めるか、エミュレーターは許可するか、記録動画を必須とするかと言った様々な情報を編集できます。

こちらも画像にして残しましたが上記のように設定できます。

speedrun.comは記録動画が必須と勘違いしてらっしゃる方もいますが、それはゲームによって様々です。ただ、記録動画がないとモデレーターが承認しかねることはあるかもしれません。

ゲームによってはカテゴリーがたくさんあり、さらにその他のカテゴリーもある場合がありますが、それを作るのもモデレーターのお仕事です。

モデレーターがあまり活発でないとカテゴリーがそもそも普通のAny%しか存在せず自分が応募したいカテゴリーが存在しない場合がありますが、そういう時は英語でのコンタクトにはなりますがモデレーターの連絡先に直接カテゴリを追加できるかどうかを聞いてみてください。

モデレーターのなり方

モデレーターのなり方は大まかに分けて3つあります。

新しいゲームをリクエストする

誰もまだプレイヤーがいないゲームはspeedrun.comにそのゲームのページを作ってもらう必要があります。
ゲームをリクエストすると自動的に自分がモデレーターとなります。

モデレーター(Super)の人に自分を加えてもらう

Superの権限のモデレーターの人は他のユーザーをモデレーターに誘うことができます。その人から誘ってもらうことでモデレーターになることが可能です。

モデレーターリクエストスレッドへ投稿する

これは特殊例ですが、『Leaderboards moderation requests thread』へ投稿してサイト管理者にモデレーター権限を直接加えてもらうこともできます。

基本的にはアクティブなモデレーターから加えてもらうのを前提としており、このスレッドを使うのは最終手段です。このスレッドは現存する全てのモデレーターに連絡しても返答がなくそのゲームが機能停止状態になっている場合などにしか利用できません。

AGDQ 2018の日本語解説、及びリストリーム担当を募集します

今年の夏にSGDQ 2017の日本語リストリーム配信を行いましたが、来年の1月にあるAGDQ 2018 (Awesome Games Done Quick 2018)の日本語リストリームも行うことが既に決定しています。

Twitch (japanese_restream)

前回と同じですがGDQの運営陣とも連絡を取っており、公式にリストリームの許可をいただくことができました。

日本語での解説やリストリームを行うのは一人では難しく、皆さんの協力が不可欠です。リストリームに協力していただける人員を多く募集していますので、どしどしご応募ください。

解説者募集

まずは解説者募集についてお知らせです。

AGDQ2018 Schedule

AGDQ2018の実際のスケジュールは上記リンク先となっています。自分の知っているゲームが自分の視聴できる時間帯に存在している場合は是非解説者として申し込んでくださればと思います。

解説者はかなり不足しており、前回のSGDQ 2017では通常プレイをしたことがあるだけの人や日本語がわかる外国人の方まで動員して何とか集めていました。そのゲームのRTAに対して詳しくないと無理ということではありませんのでかなり気軽に申し込んでいただければと思います。

リストリーム担当募集

こちらはリストリーム担当の募集についてです。
リストリームではAGDQ 2018の配信チャンネルを開いてそれをエンコソフトに映し、日本語配信用に情報を付け加えて再配信する役目があります。

こちらは配信できるスペックを持ったPCさえあればどなたでも可能なお仕事です。エンコソフトの使い方が分からなくてもそれはこちらで詳しく説明できます。
1週間連続して行われるAGDQ 2018ですが、1日限りのお手伝いでも大歓迎ですので是非ご応募ください。

その他のお手伝い

他にはTwitchチャットの管理(荒らしなどが来たときにBANする係)やTwitterの管理(次のゲームをTwitter上でお知らせする)のお手伝いがあります。

どちらも特別な技術はいりません。どなたでもお手伝いが可能です。

応募フォーム

応募フォームは以下のGoogleフォームとなっております。

AGDQの日本語配信応募

また、リストリーム本番のボイスチャットもそうですが、リストリームについての情報交換は全てDiscordで行っています。
誰でもご自由に入れますので興味のある方は是非入ってみてください。

Japanese Restream Discord

連射機のコミュニティ間の認識の差について

RTAを行う上でゲームによっては連射機能付きコントローラが推奨されるRTAもありますが、特に海外だと連射機能というのは基本的にチートという扱いというのもあり、所属するコミュニティによってその認識はまちまちです。

海外ルールが標準になりつつある現在では連射機能付きコントローラを使う人に対して時に厳しい目が向けられますが、日本で所謂連射機が使われるようになったのにはちゃんとした理由があります。連射機が標準となっていた時期としても十数年前のことで今では当時を知らない人も多いと思うのでこれを機にまとめておきます。

最初にRTAが行われたゲームについて

2000年代前半に初めてのRTAが行われましたが、まず第一として初めにRTAが行われたゲームが『ドラゴンクエスト』だったということは念頭においておかなければいけません。

今でこそRTAと言えばタイムを競うものという認識で間違いないのですが2000年代当時の風潮は違いました。タイムはもちろん早いほうがいいのですが、タイムよりも優れた戦略を考えてゲームをプレイすることのほうが遥かに重要視されており、タイムはいわば優れた戦略でゲームをプレイしたらおまけに付いてくるというくらいの認識でした。

ここで重要になってくるのが、ドラゴンクエストシリーズを始め当時のRTAと言えばRPGのみしか行われていなかったということです。
今でこそRPGにはイベントスキップなどが実装されて連射機はそもそもなくていいくらいの存在になっていますが、当時のRPGはそんなものはなくイベントシーンは全てボタンを連打するだけの時間となっていました。

そして問題になってくるのが、戦略の優劣を競いたい時にこのイベントシーンの時間は非常に邪魔だったということです。特にドラゴンクエストシリーズの中でもDQ7などはイベントの時間だけで何時間にも及びますが、連射機を許可しないとただボタンの連打が早いだけの人が戦術が優れている人よりタイムで勝ってしまうという戦略至上主義だった当時としては許容できないことが起こってしまうのです。

DQの場合は戦闘中のメッセージ飛ばしも設定で表示速度1にするより一番遅い表示速度8にしてボタンを連打したほうが早いシリーズなどもあったことから、連射機を使うことでボタンを押すのが早いだけの人を排除して戦術の優劣だけを見ることができるから連射機が使われたという観点があったことは知っておいてもらいたいです。

最初に連射機が当たり前とされていた時代から十数年経ちましたが、今でも特にRPGを中心にプレイされる方にはこの認識の方が多いです。

アクションゲームについて

アクションゲームのRTAは昔からプレイしていた人もいましたが、多くの方はキャプチャ機器を個人でPCに繋ぐことができるようになってから始められたものと思われます。RPGだけをRTAしていた時代の人たちからすれば幾分か時が過ぎていますので、まずここにジェネレーションギャップがあります。

そしてアクションゲームはRPGと違い、戦術も重要ではありますがどちらかというと己のコマンド精度などのほうが重要視される世界です。
ここで連射機を許容してしまうと、例えば最速フレームで常にボタンを押せることから重要視しなければいけないコマンド精度をコントローラで大幅に補えてしまいます。このことから、特にアクション界隈の方たちの中では連射機に対して否定的な意見が圧倒的です。

コマンドコントローラについて

連射機と違ってこちらは完全に許容されておらず、使用すると別カテゴリーになってしまうくらいのものですが、コマンド操作を記憶して同じ操作をすることができるコントローラ(所謂コマンドコントローラ)というものがあります。

私が記憶している中でコマンドコントローラが最初に使われ始めたものはマリオRPGでのスーパージャンプ100回の補助としてですが、やはりこれはズルをしているという意見が当時でも多かったため使った場合は別カテゴリーとして分けられていました。

なお、今ではスーパージャンプ100回は上位勢なら普通に標準コントローラでRTAにも組み込んで行うことのできるテクニックとなっています。

海外での認識について

海外でのspeedrunの成り立ちはさすがにそこまで追ってはいないので正確には把握できていませんが、少なくともSpeed Demos Archive(SDA)というspeedrunのまとめサイトが中心となって発展してきたことは確かです。

そのSDAですが、speedrunを行う場合は純正品以外は全部禁止というルールがありました。連射機能付きコントローラは純正品だとPCEしかないらしく、PCE以外ではそもそも連射機がルール上使えなかったのですね。

このような経緯があり、海外では最近では日本のルールに倣って連射機が許可されているゲームもありますが、それはごくごく一部で多くのゲームで連射機は今でもチート扱いとなっています。

まとめ

連射機使用の有無は所属しているコミュニティによって認識が違うので時に衝突することもあります。

海外ルールが標準化しつつある現在では特別な理由がない限り特に海外でも行われているゲームなどでは連射機は使用しないほうがいいとは思いますが、使われ始めた歴史を知るとゲームによっては致し方ないところもあるのも事実です。

RTAに何を求めるのかといった思想の違いになってくるのですが、考えの相違はあれどお互いのコミュニティを尊重することだけは忘れずにいてくれたらと願います。

SGDQ2017の日本語解説・Restreamerを募集します

先日のRPGLBの日本語解説募集に引き続き、7/03~7/10の間で開催される『Summer Games Done Quick 2017』の日本語解説者とRestreamerを募集することになりました。

日本語解説者について

日本語解説者については、先日のRPGLBのときと変わりません。
ゲームに詳しい人がSGDQ2017の本配信を見ながらゲームの要所要所の解説をしていきます。

RPGLBの時がそうでしたが、解説するゲームを普通にプレイしたことあるだけでRTA経験がない、という方でも問題なく解説をしていただいていましたので、解説する上での敷居はそれほど高くありません。

Restreamerについて

Restreamer(リストリーマー)というと、日本ではあまり聞き慣れないかもしれません。Re(再)とsteremer(配信者)の2つが組み合わさった造語で、簡単に言うとSGDQの本配信をミラーして日本語解説者と繋いで配信する人のことを指します。

RPGLBではこのRestreamerが一人だけだったのですが、さすがに大変で不具合も色々と出てしまっていたので、今回はこの実際に配信を映す係も募集することにしました。

なお、特別な再生プレイヤーを使うため、例えば本配信がトラブルか何かで配信が切れてしまったとしても、配信が再度繋がった時に自動で映してくれるような形になっています。なので、Restreamerと言っても常時目を離さずにPCを見ていなければならないというほど厳しいものではありません。

応募フォーム

SGDQの日本語配信の参加について(Googleフォーム)

SGDQ2017の日本語解説、及びRestreamerへの応募は上記フォームからとなります。
SGDQ2017日本語スケジュール』を参考に、興味がおありの方は是非申し込んでみてください。

Top