RTAとは

RTAとは、「Real Time Attack」の頭文字を取って略されたものです。リアルタイムアタックと読むべきものですが、略称も浸透してきた関係で、アールティエーとそのまま呼んでも通じるようになっています。
ゲームのタイムアタックが本来ゲーム内で測られているプレイ時間を競うものであったのに対し、RTAはゲームをプレイし始めてからの実時間(リアルタイム)を競います。

従来のタイムアタックでは、ゲーム内タイムが早ければ良いことから、RPGだとドロップ率1%のアイテムを取得し、かつ勝率1%のボスに挑むといった戦略も可能だったのですが、RTAでは実時間を測るため、1%程度の突破率しかないものを戦略に組み込んでしまうと、余程運が良くない限りは何度も1%が出るまでリセットを続けることになり、その分遅くなってしまいます。その辺りを考慮して運や勝率と照らし合わせ、従来のタイムアタックとは違う戦略を考え、実行するのがRTAの魅力です。

なお、RTAという言葉が普及しすぎたために、「ペヤング大盛り早食いRTA」「就職打開RTA」など、ゲームではないものに対して使われる場合もありますが、ここではゲームについてのRTAの情報のみ扱っていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード *