録画環境を整える

情報も揃い終え、他のプレイヤー等の情報も探し終えたら、いよいよプレイを始めましょう。
ただ、プレイをするにあたって、ゲームプレイの録画環境は整えておいたほうがいいでしょう。録画環境があればRTAを通した後に見直しも出来ますし、後から見直すことによって改善点等が見えてくるかもしれません。

PCを使わず録画する

PCを使わず録画するには、昔ながらのビデオデッキやDVDレコーダーに繋げて録画をする方法もありますが、より高画質で録画をするため、また動画を公開する際に便利なことから、専用機器を購入した方がいいでしょう。

最近のものですと、この2つが有名でしょうか。繋げる端子の豊富さ的にはHD PVR Rocketの方をおすすめします。
なお、PCを使わず録画ができるものですが、録画で出来る動画の形式がMP4と言った関係上、録画の再生はやはりPCがあるほうがいいでしょう。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875Hauppauge HD PVR Rocket

PCを使って録画する

PCを使って録画をする場合は、キャプチャーボードを繋げてそこからPC上に画面を映し、それを録画するという形式になります。
キャプチャーボード関連はPC知識もいる事柄なので、PCに不慣れな方はやや難しいと感じるかもしれません。ただ外部リンクですが非常に詳しく説明されているサイトがあるので、そこへのリンクを張っておきます。

キャプチャボード関連は、この通りにやっても使っているPCの相性等が関係し、うまく映らないこともあります。
その中で、比較的安定して映ってくれるものは、コンポジット接続のため画質は悪いですがGV-USB2でしょうか。
値段も安価なことからよく分からないならこれを購入し、その後慣れてきたらHD画質対応のものを買って試してみるといいでしょう。

低画質おすすめキャプボ

GVUSB2
コンポジット接続、もしくはS端子接続のため画像は粗いですが、古いゲーム機なら使え、さらにUSB接続のためほぼ全てのPCで接続可能です。

高画質おすすめキャプボ

MonsterX-U3.0R
HDMIのみに対応していて、1080pまでの高画質キャプチャが可能です。現状では最も高画質で映せるキャプチャボードの一つですが、USB3.0でないと映らないことや、値段の高さがややネックでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

認証コード *